クリルオイルの特長

 クリルオイルの特長

クリルオイルの特長は、

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が酸化しにくいこと

そして、身体に吸収されやすいことです。

■アスタキサンチンに保護されているオメガ3

DHAやEPAなどのオメガ3はとても酸化しやすいといわれています。

そこで、酸化を防ぐ成分として「ビタミン」を同時に摂取したり、

サプリメントに防腐目的の添加物を配合したりすることが

有効とされてきました。

クリルオイルには、抗酸化成分「アスタキサンチン」が

天然の状態で含まれているので、何も足す必要がありません。

抗酸化力はビタミンEの1000倍ともいわれる

アスタキサンチンのパワーで、

オメガ3が酸化することなく、品質が保たれたまま

必要な場所まで届きます。

酸化からブロック

■細胞への吸収効率が高い!クリルオイルだけの特殊な結合

クリルオイルが注目されているもう1つの理由は、その吸収効率の高さにあります。

細胞や赤血球に吸収されやすいため、

より少ない摂取量で、同じ効果があるのです。

クリルオイルに含まれるオメガ3約200mg=魚由来のオメガ3

約2100gという研究報告もあるほどです。

なぜこれほど吸収効率が高いのかというと、

クリルオイルに含まれるオメガ3が

「リン脂質結合型」と呼ばれる

きわめて特殊な形をしているからです。

  【クリルオイルのオメガ3】     【魚由来のオメガ3】

    「リン脂質結合型」         「トリグリセリド型」

  グリセロール+脂肪酸2個     グリセロール+脂肪酸3個

     +リン酸塩

  水にも油にもなじみやすい      水になじみにくい

   胆汁などに依存せずに       胆汁や膵液などの

      吸収が可能            乳化分解が必要

         ↓                   ↓

   小腸に吸収されるまでの     小腸に吸収されるまでの

    プロセスが単純で短い    プロセスが複雑で時間もかかる

このような特長から、

従来のサプリメントより飲む量が少なくてすむ

魚油のように戻り臭や、魚くさいげっぷがでない

(魚油は水に溶けず、胃液に浮いている時間が長いので、魚臭いげっぷがでやすいといわれています)

などのメリットにもつながっています。

〈豆知識〉

Q:クリルオイルはペットに飲ませても大丈夫ですか?

A:はい、大丈夫です。

 ただし、サプリメントの摂取量は体重50〜60キロの人間が

 通常の食事を摂取した場合を想定しています。

 ペットに飲ませる場合は、体重、その他の食事を考慮して

 量を調整してください。また、ペットにはカプセルが飲みこみにくいため、

 カプセルを割り、中身だけをエサにかけるなどして与えてください。

 上記にあるとおり、身体の大きさや食事内容にもよりますが、

 多くても1日1〜2粒程度で十分です。くれぐれも与えすぎには

 ご注意ください。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100020679&eid=114