クリルオイルの主要成分

クリルオイルの主要成分

①オメガ3脂肪酸

クリルオイルには、さまざまな栄養成分が含まれていますが、

中でも注目されているのが「脂質」です。

クリルオイルに含まれている脂質は、オメガ3脂肪酸という脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は人が生きていくのに必要な、「必須脂肪酸」という栄養素であり、

体内で生産することができないため、毎日摂取する必要があります。

 ・脳の働きを高める

 ・血液をサラサラにする

 ・炎症を抑える

 ・ホルモンバランスを整える

 ・免疫機能の働きを向上させる

などさまざまな「健康維持・増進効果」があります。

このオメガ3脂肪酸の代表格が「DHA」「EPA」です。

  --DHAについて-------------------------------

   DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略称です。

   オメガ3脂肪酸の1つで、まぐろやかつおに多く含まれています。

   ヒトの脳や目の網膜に存在するリン脂質の主要な成分であり、

   脳や神経組織の発育・機能維持に不可欠な成分です。 

  ・神経細胞にダメージを与える活性酸素の消去能力を高め、

   炎症性物質の過剰生産を抑えるアルツハイマー型認知症に効果、記憶障害を改善

  ・ストレス下での精神を安定に導く→ストレスによる敵意性、暴力性、うつ、不眠などの諸症状がやわらぐ

  ・血中の中性脂肪量、悪玉コレステロールを減少させる→動脈硬化、心臓病の危険を低減

  DHAを摂取することにより、脳の情報伝達がスムーズになるともいわれています。

  また、うつ病や精神の安定に関わる研究も進められています。

  --EPAについて--------------------------------

   EPAは「エイコサペンタエン酸」の略称です。

   オメガ3脂肪酸の1つで、いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれています。

   以下のような働きがあるといわれています。

   ・血液中の悪玉コレステロール生成抑制、中性脂肪減少→動脈硬化や心臓疾患の予防に

   ・インスリン分泌を促進するGLP-1というホルモンを大量に分泌させる→ダイエットに

   ・子宮を収縮させる「プロスタグランジン」という物質の生成を抑える→生理痛、PMSの緩和に

   ・角質細胞を繋ぐ重要な役割→乾燥肌・敏感肌の予防に

   ・炎症物質(ロイコトリエンB4)を抑制する働き→花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の予防や改善

    EPAが脚光を浴びるようになったのは、

    グリーンランドのイヌイットの人々を対象に行った疫学調査がきっかけです。
 

    この調査では、オメガ3脂肪酸を日常的に多く摂取しているイヌイットの人々は、

    野菜を食べる機会が少ないにもかかわらず、

    ほとんど心疾患が認められないということが明らかにされました。

    このことから、EPAなどのオメガ脂肪酸が動脈硬化を予防すると考えられています。

②アスタキサンチン

人参に含まれるカロテン・トマトに含まれるリコピンなどと同じ、

「カロテノイド」という成分の一種で、

植物由来の強い抗酸化作用のある成分です。

クリルオイルの赤色は着色ではなく、

このアスタキサンチンの天然の赤色です。

クリルオイルの中にあるアスタキサンチンは、

酸化しやすいオメガ3脂肪酸を酸化から守る役目をしています。

酸化は老化とも言いかえることができ、

強い抗酸化作用力をもつアスタキサンチンは、

老化現象を食いとめる、アンチエイジング成分でもあります。

 ・眼精疲労の改善

 ・眼精疾患の予防

 ・動脈硬化、メタボリックシンドロームの防止

 ・美白、美肌

 ・筋肉疲労を緩和する

などの働きがあると言われており、オメガ3を保護する以外にも

大変有益な成分です。

しかし、オキアミや人間をはじめ、動物は

アスタキサンチンを自ら作り出すことはできないので、

食品やサプリメントから摂取しなくてはなりません。

オキアミは海藻類を食べることで、それらの生成した

アスタキサンチンを摂取しています。

③リン脂質(レシチン)

リン脂質は、クリルオイルにもっとも多く含まれる成分です。

細胞膜の原料となる成分であるため、

オメガ3の働きを生物の最小単位である細胞膜まで届けることを可能にしています。

リン脂質としてよく知られているのが、大豆レシチンです。

大豆レシチンにはオメガ6脂肪酸が、

クリルオイルのリン脂質にはオメガ3脂肪酸が結合している点

が違いますが、どちらも以下のような働きをします。

 ・動脈硬化、脂肪肝、高脂血症、目の病気などの予防

 ・認知症やストレス対策 

大豆レシチンを摂取するときには、同時に

DHA・EPAを摂取することがすすめられていますが、

クリルオイルなら1つですべてが摂取できます。

また、水と油をなじませる働きをもつため、

リン脂質が約半分を占めるクリルオイルは、

「水に溶ける油」になっています。

人の体は70%が水分でできていますから、それを考えても

体に吸収されやすいのはどちらのオメガ3なのか、歴然ですね。

クリルオイル・・・油分と水がまざりあっている

魚油・・・油分と水が分離している

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ