クリルオイルの主要成分「アスタキサンチン」

クリルオイルなら健美ライフの極上クリル

クリルオイルの主要成分「アスタキサンチン」



クリルオイルの4つの主要成分

(1)リン脂質 (2)EPA (3)DHA (4)アスタキサンチン

をひとつずつ紹介してきました。

いよいよ今日は4回目(4)アスタキサンチン です。


アスタキサンチンは、サプリメントだけでなく化粧品にも使われており、
最近では天海祐希さんが出演している美容液のTVCMでも耳にします。



アスタキサンチンとは?

  • サケやイクラ、エビ、カニ、オキアミ、藻など、主に海洋性生物が紫外線の影響から身を守るために備えている天然の赤い色素成分で、人参の色素などと同じカロチノイドの一種。油にとけやすい脂溶性物質。

エビやカニを茹でると鮮やかな赤色になる理由…アスタキサンチンがたんぱく質とくっついて青緑がかった茶色をしていたのが、加熱によりたんぱく質と離れアスタキサンチン本来の赤色に戻る。



  • 強力な抗酸化力(生物の体内に発生する活性酸素を抑制する働き)をもっており、その力はビタミンEの1000倍とも言われる

活性酸素
は、体内の細胞を酸化させて(サビさせて)細胞の正常な働きを失わせることから、体内公害と言われることもあります。

紫外線や大気汚染など現代社会では活性酸素の発生を抑えることは難しく、また40歳を過ぎると体に備わっていた「酸化防止システム」が衰えていくため、増える活性酸素に抵抗できなくなり老化が進むのです。

加工食品、酒、タバコ、激しい運動、紫外線によく当たる、ストレスが多い、空気がよくない環境

これらは活性酸素を増やす原因になるので注意しましょう。





アスタキサンチンの強力な抗酸化力による効果

  • 酸化による病気を防ぐ---コレステロールの酸化を防いで動脈硬化予防
  • 身体を老化させ、シミやシワの原因となる活性酸素を除去---アンチエイジング効果

脳内に入り込み活発に働く性質で
  • 脳細胞の健康を保つ---アルツハイマーなどの障害を予防
他にも
  • 毛細血管の血行を促進
  • 眼精疲労などを改善
  • 美肌や美白に効く効果
  • ダイエット効果
  • がんや糖尿病などの生活習慣病を予防する効果
  • 免疫力をアップさせる働きでいろいろな病気の予防効
  • ストレスによる身体の不調を防ぐ
  • 抗炎症効果
  • 高血圧、脳卒中、血管性痴呆を予防する効果
  • がん細胞増殖を抑制
  • ヒトや哺乳類の乳腺炎に治療効果
  • ピロリ菌による炎症と細菌の抑制
  • 糖尿病で併発する白内障の抑制効果
  • 皮膚の光老化を抑制す、ひいては皮膚がん発生を抑制
  • 他との併用で抗喘息剤として応用の可能性を示唆
  • 筋肉や心臓における好中球の浸潤を伴う障害増進などを含む運動による障害を減少させる
などなどいろんな効果があるアスタキサンチン

体が錆びると、これだけいろんな症状が
現れてしまうとも言えるのではないでしょうか。



オキアミから抽出された油、クリルオイルが赤いのは
アスタキサンチンによるもの。

そして、そのアスタキサンチン
オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)を酸化から守り、

更に、リン脂質という水に溶ける細胞膜成分が
体への吸収力を高めています。


極上クリルは、これら4つの成分の働きによって
オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)を体の必要なところまで
効率的に届けられ、様々な効果を得ることができるのです!
極上クリル


さて、4回に渡ってクリルオイルの4つの主要成分

 (1)リン脂質
 (2)EPA
 (3)DHA
 (4)アスタキサンチン

を紹介してきましたが、
体に吸収され機能するイメージがわきましたでしょうか?


これからも、クリルオイルに関する様々な情報を発信し、
次世代サプリ「クリルオイル」の素晴らしさを広めていけたらと思います!




クリルオイルは
スポーツ時のふしぶしのケアにもおすすめです!

「飲み始める前まで、水泳で肩が痛かったのですが、関節の痛みが無くなりました。」
というお客様の声もいただいています。



参考サイト:アスタキサンチン

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 良い夢を

良い夢を
SeoHandal | 2021-08-04 16:12 |

■ どうもありがとうござい・・・

どうもありがとうございます
jasa seo murah | 2020-12-26 19:20 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ